INTERVIEW

実際に就労された方へのインタビュー

本ページでは、ラポール梅田の就労移行支援を利用し、実際に就職した方のインタビューを掲載しております。このインタビューページは永久に未完成です。ラポール梅田があり続ける限り、このページには新たなインタビューが追加され続けます。

時間の使い方が安定したことが 就職に結びついたのだと思います

大阪府吹田市 Kさん

精神障がい(統合失調症)

利用期間 1年5ヶ月

実習によって仕事の内側を知ることができた

今の会社に決めたきっかけは、実習を受け入れてもらえたことでした。安心や安全を強みとしたなかなか目に見えづらいサービスの提供をしている会社で、実習によってホームページや口コミのような情報ではなかなか分からない具体的な仕事の内側を知ることができました。それが就職への意欲になっていきました。
私は今の会社で何の実績もないのに契約を頂いてしまったので、即戦力の社員と思っていただけるよう頑張りたいです。一方でストレスを貯めないような生活を意識し、余暇もより充実した時間を過ごせるようにしたいです。

ラポール梅田で生活スタイルが安定した

ラポール梅田では、日々のタイピング練習やMicrosoft Office、Javaなどを学びました。「やり残した感」がないくらい色々と経験しましたが、カリキュラムの内容を習得するのと同様に重要だった要素は、時間の使い方を変化させられたことでした。就職したら何時に出勤するのか、という意識の強さから不安定だった生活スタイルが安定し、それが就職につながったのだと思っています。

これからラポール梅田を利用する皆様へ
 --------------------就労移行支援の利用期間は2年

1日は24時間で、ラポール梅田をはじめとした就労移行支援の利用期間は原則2年です。その限られた時間を内容の濃い時間として過ごせるかどうかは自分の意志にかかっています。学生とは違い卒業式の日が待っているわけではありません。ラポール梅田での学習についても就職活動についても日々前進できるように、また「卒業」が近づくように頑張りましょう。